ディクシャ

ワンネス・ディクシャ

ワンネス・ディクシャ

ワンネス・ディクシャとは

ディクシャは、古来よりインドで行われ、目覚め(覚醒)や悟り(啓発)という
目的に特化した高次のエネルギーを転送・転写することで、意識を高める変容を
起こすものです。

インドの聖者カルキ・バガヴァンによって、悟りを人々に授けるために
始められたディクシャを、ワンネス・ディクシャと呼んでいます。

エネルギーは大いなる存在(ディバイン、内なる神性・仏性、ハイヤーセルフ、
個人的な神)から流れてきます。

ディクシャ・ギバーは、そのエネルギーを転送するパイプ(導管)となります。

2013年以降では、通常、相手の頭の上に手をかざして行います。

ディクシャは、悟りに導くだけではなく、癒しのエネルギーでもあります。

  • いつでも
  • 直接行っても
  • 人にも
  • 土地にも
  • どこでも
  • 遠隔でも
  • 動植物にも
  • 何にでも、 送ることができます。

ディクシャの効果

  • 脳に直接作用して前頭葉が活性化し、神経生理学的に意識の変容を起こし、
    より高次の意識へと目覚めさせていきます。
  • 分離からワンネスの意識状態へ認識を変容させ、心の平安、幸福感を活性化します。
  • 苦しみの原因であるマインドを介さず、あるがままを直接体験するようになり、
    『今』を生きるようになります。
  • 喜びや愛情、情熱、他者とのつながりの感覚が高まっていきます。
  • ネガティブな観念から解放されていき、悩む時間が短くなっていきます。

ディクシャの方法・種類

ディクシャのエネルギーの伝授には、主に3つの方法があります。

  • スパルシャ・ディクシャ : 頭頂に手で触れてするディクシャ
  • ナヤナ・ディクシャ : 目と目を合わせることによるディクシャ
  • スマラナ・ディクシャ : サンカルパ(意図)によるディクシャ

さらに、目的に応じた意図を込めるディクシャがあり、いくつかの種類があります。

  • パドカ・ディクシャ : 聖なるパドカを使った悟りのためのディクシャ
  • ワラ・ディクシャ : 願望成就の意図を込めたディクシャ
  • ヒーリング・ディクシャ : 治療や問題解決のためのディクシャ
  • モクシャ : 亡くなられた方を解放し、光に送り届ける冥福のディクシャ

アウェイクニング(Awakening, 目覚め・覚醒)とは

苦しみにとらわれず、自由でいられる意識の状態であり、内面に葛藤がなく、
世界をあるがままに見て、常に今に生きています。

バガヴァンによると、目覚めた人は、苦しみが30分以上持続しない意識状態にあり、
感情や観念が自動的に手放されていきます。

意識の目覚めに向かう道には、

  • ディクシャをたくさん受ける・与えること の他に、
  • インドから生中継でネット配信される、バガヴァンのストリーム放送
    ウェブキャスト>でディクシャを受け、瞑想する
  • アンマ、バガヴァン夫妻が、毎日、毎週、世界に向けて発信する教え、
    目覚めのヒントを日々熟考し、主体的に取り組むこと

などが推奨されています。

ワンネス・ディクシャと合わせて、こうした取り組みも、目覚めを加速させます。

自らの内面に向き合い、気づきを深めることで、意識が研ぎ澄まされていきます。

また、ありのままの自分を認め、謙虚さと情熱を回復させることができます。

そして、本当の正直な気持ちで、のびのびと生きることを選択することができます。

エンライトメント(Enlightenment, 啓発)とは

上記のように、目覚めた人(アウェイクニングの状態にある人)は、苦しみが30分以上
持続しなくなり、感情や観念が自動的に手放されていきます。

目覚めがさらに進んでいくと、やがて苦しみの持続時間がどんどん短くなっていきます。

苦しみの持続時間がゼロになると、苦しみの感覚が生まれると同時に完全に解放される
意識状態になります。

その状態が後戻りすることなく、永続していると、完全に目覚めた意識状態で生きる人に
なり、エンライトメント(啓発)の状態にあるといわれます。

バガヴァンによる解説 アウェイクニングとエンライトメントの違い

>> 出典
https://www.facebook.com/PurushottamAmmaBhagavan/posts/460301214041731

(翻訳)佐藤裕美様

質問:
バガヴァン、アウェイクニングの後「自己」は無くなるとおっしゃっていましたが、目覚めた人たちにも部分的に自己が見えることがあります。目覚めた人の自己と目覚めていない人の自己の違いは何なのでしょうか。

シュリ・バガヴァン:
以前に言いましたが、アウェイクニングとは、100階建ての建物のようなものです。目覚めた後でも、アウェイクニングの最初の段階では、1-15くらいの段階のことですが、あなたの古いパターンやチャージなどはまだ続きます。ただ違いは、とても早くそこから回復し、美しい意識状態に戻るということです。けれどもあなたのレベルが上がるにつれて、徐々ににチャージは解消され、それからは感情や出来事などはあなたに影響を与えることはなくなります。

自己はまだそこにありますが、それはもはや個人的な自己ではなく、神聖なハイヤーセルフと同化しているのです。ですから、基本的な違いとは、目覚めていない人の自己は自分自身のニーズ(必要性)や自分自身の人生により囚われている一方、目覚めた人の自己はより人類全体に関わっていると言うことができるでしょう。

目覚めていない人の自己は、仮定の話を作り出し、目覚めていない人が自分自身は目覚めていると感じさせるのです!ですから私達がいつもウェブキャストに伴う教えの中で言っているのは、黙想してくださいと言うことです。例えば「目覚めた人は渇望しない;目覚めていない人は渇望する」と言ったとしたら、あなたのマインドはすぐに言うのです・・・「見て見て、私は渇望していない!」と言うふうに。

これらは全てマインドのゲームであり、あなたはそれに徹底的に気づいていなければなりません。そうでなければこれらの教えの意味はありません。自分自身を欺き、アウェイクニングに関する教えに関連づけて自分自身をハッピーにすることでは、決してあなたの助けとはなりません。ですから、皆さんはそれぞれ自分自身が今どこにいるのかということを知らなければなりません。それから最初にそれを見て、それを受け入れ、真実に留まるのです。その時はじめてはっきりとした立場を取り、そこから新しい旅が始まるのです。ですから黙想は非常に重要です。

私達は、目覚めていない人が目覚めている人のアウェイクニングについて疑問に思ったり信用しないということをしばしば見ています。一方で、目覚めた人にとってこのようなことは全くどうでもよいのです。その人(目覚めた人)はただフォーカスしていてセルフ(自己)が神聖な自己と混ざり合っているために、彼らの全ての活動は対応なのです。けれども目覚めていない人は常に状況に反応しています。

そして、私はこのことを皆さんにずっと言っていますが、目覚めた人(awakened being )と悟った人(enlightened being)は違うのだということを覚えておいてください。

あなたが目覚めた後でさえも、サムスカーラ(性分)または好嫌というものはそこにあるのです!レベル50を過ぎた時はじめて、あなたは悟った人(enlightened being)になり、その時にはまた違ったものになりますが、それがどのようなものであるかということを言えば、あなたはそれもまた概念にしてしまいます。ですから心配せず、ディクシャを受け続け、ウェブキャストに参加し続けてください。すぐにあなたもそこへ到達するでしょう。

Q) Bhagwan, You have said that the "Self" will be gone after awakening, but i still see the parts of self reflected even in awakened beings, could you please explain us the difference between the self in an awakened and in an unawakened being??

Shri Bhagwan:- " See... We have told you earlier, that awakening is like a 100 storey building, even after you become "awakened" at an initial stage of awakening, let us say between 1 - 15 there will be some of your old patterns, charges etc still following you, only thing is that you will quickly recover and get back to your beautiful state, but as your level rises, gradually, the charges dissolve, then the emotions, events etc wont effect you at all,
The self will still be there, but now, this self is no more an individual self, it has merged with the sacred or the higher self.
So, the basic difference you may say is, that the self of an unawakened person is more engrossed with his own needs and own life, whereas the self of an awakened being is more involved with rest of humanity.
The self of an Unawakened being makes assumptions and make the unawakened being feel that he is awakened! That's why we always tell you, in the teachings that we put up during the webcast, please contemplate, suppose if we say "The awakened one does not crave, the unawakened one craves" your mind will immediately tell you... "look look, i don't crave!"
These are all mind games and you have to become intensively aware of it, otherwise what's the point of those teachings,
Just by fooling yourself and make yourself happy by relating to the teachings for awakening is never going to help you, so, each one must find out where they stand, then first see, accept and stay with that truth, only then you will be able to take a stand and from there your new journey starts. That is why contemplation is very important,
Very Often, we have seen that an unawakened person (Self) will always wonder or doubt at the person who is awakened for his awakening, whereas, the awakened being, things like this doesn't matter at all, he is just focused and since the self is merged with the divine self, all their actions are responses, but the unawakened being will always react to the situations.
and i have been telling this to you, please remember, there is a difference between an awakened being and an enlightened being.
I repeat, there is a difference between an awakened being and an enlightened being.
The Samskaras or your likes and dislikes will still be there, even after you become awakened!
It is only when you cross the level of 50 is when you become an enlightened being, then that is a different thing, but if i tell you what is that like, you will make that a concept too, so, dont worry, keep taking deekshas and attend the webcast's very soon you all will get there"

[An Excerpt from one of the darshans of sri bhagwan, the above note is a translated version, so the actual words may vary, the original version was in a local south indian language]


powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional